Main | January 2004 »

December 29, 2003

Aクラス

メルセデスベンツAクラスの新型を作った。
aclass.gif

ちなみに現行型はこれ

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2003

サイトに表紙をつけるにあたって

サイトに表紙をつけるにあたって参考にしたサイトのひとつ。
http://www.jiyu-kobo.co.jp/
いいフォントを作っている。
Mac OS Xのシステムフォントのヒラギノ書体もここの製品。
素っ気ないデザインのわりにコンテンツが豊富で、
興味あれば読み飽きない。

参考にしたとこは表紙だけだけどね。
トップ画面に文字が出るのが気に入ったので。

「もじマガ」には小塚昌彦のインタビューが載っている。
彼はモリサワで「ゴナ」のパクリといわれる「新ゴ」を作った人。
(モリサワはパクリじゃないと主張)
【新ゴ】
shingo_m.gif
【ゴナ】
gona.gif

あと、アドビで、存在意義の謎な醜いフォント
「小塚ゴシック」を作った人でもある。
kozukagothic_m.gif
こんなもんただでもらっても使い道ない。

しかしこういう、仕事に対する誠実さも
何もない人のインタビューこそ
読み物としてはおもしろい。
楽しく読ませてもらった。
前回のトヨタの話題についても当てはまることだけど、
こういうプライドのない製品作る人たちが
いったいどういうつもりで仕事に向かっているのかということは
とても興味深い。

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2003

ゼロ・クラウン

「ゼロ・クラウンをコンセプトに、
すべてを原点から考え直した。」
「高級車の新しい価値観を提示。」
「高級な形はいろいろある中で、埋もれない独自の存在感。」
「サイドビューは『書の勢い』をモチーフにした。」
それで出来上がったものがこれ。

crown.jpgcrown2.jpg

これは大げさとかハッタリとかいうレベルじゃないと思う。
ただの嘘だ。
これのどこがゼロから考えたんだろう。
いままでのクラウンとどこが変わってんのか
区別つかないくらいなのに。
それに、このサイドビューから
書の勢いを感じ取れる人がいるとは思えないけど。

ゼロから考えるってのはたとえばこういうことじゃないかと思う。

avantime1.jpgavantime2jpg.jpg

でも、これでもゼロから作ったとまでは言わないだろう。

なにもトヨタにこういう車を作れと言ってるんではない。
こういう車を作らないのにこういう車を作ったかのようなことを
しゃあしゃあと言って、口先だけで客をごまかすようなまねをして
それでいいのかということ。
「いままでのクラウンに
少しスポーティーな要素を取り入れました。」
くらい言っとけばいいじゃんか。
ほんとトヨタってのは虚業だな。

| Comments (1) | TrackBack (0)

12月23日火曜日

最近夜にばかり起きていたが
今日は昼に起きた。

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2003

12月22日月曜日午前1時

新しいトップページを制作中。

| Comments (3) | TrackBack (0)

December 21, 2003

12月20日土曜日

フォントを買った。
モリサワの基本7書体とゴシックMB101B。
MacOSには、初期状態では
まともなフォントはヒラギノしか入っていない。
平成書体なんかも入っているけどきたなくて使えた代物ではない。
ヒラギノはきれいなフォントだけど、
ちょっと表情があるフォントなので
ヒラギノとはべつにもうちょっと淡泊なフォントもほしかった。
ということで買ってみた。
これでたいていの用途にはフォントで困ることはないだろう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2003

12月19日金曜日

ベラスケスの画集を買った。
好きな絵のうちのいくつかが収録されていなかったが、
構成と写真の映りがよかったので。
これで王子バルタサール・カルロスと
マルガリータ王女が載っていれば完璧だったけど。

この画集は、各々の絵についてまず絵の全体写真が載っていて、
その後細部の拡大写真がいくつか、というふうになっている。
この構成はベラスケスの画集としてはとてもいいものだと思う。
細部を見ると雑に絵の具をくっつけたようにしか見えないのに、
全体を見るとそれが完全に写実的な絵に化ける、というのが
彼の絵を他の画家から分かつ大きな魅力だから。
この構成ならそれがよくわかる。
買ってから本の題名を見たら
「Velazquez -The Technique of Genius-」だった。
それならこういう構成になるのも当然だ。

ついでにベラスケスの概説が簡単にまとまってる本がほしくて
新潮美術文庫を買った。
大高保二郎が解説を書いてる。

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2003

12月17日

卒論終了。

| Comments (3) | TrackBack (0)

December 15, 2003

12月15日0時

ねむい。

| Comments (2) | TrackBack (0)

December 12, 2003

12月12日夜

夕方起きて現在卒論書き中。

| Comments (2) | TrackBack (0)

December 11, 2003

12月11日

こないだ買ったエプソンのスキャナを
うまく使いこなせるようになってきた。

| Comments (5) | TrackBack (0)

December 10, 2003

12月10日午前

ワードがなんかうざいのでテキストエディットで卒論を書いてる。
そんである程度書くとそれをワードにコピーしてる。
なんかこの使い方ならInDesign使ったほうがいいような。
ワードってはんぱだよね。
レイアウト能力は低い、
テキスト書くだけにしてはごちゃごちゃしててうざい。
この、どっちもそこそこできる、ってとこが
多く使われてる理由なんだろうけど。

しかしInDesignにしてもおそらくアドビのことだから、
やろうと思えばできる、っていうことが豊富なだけであって
決して気軽にいろいろできるソフトではないだろうな。

| Comments (6) | TrackBack (0)

December 09, 2003

12月9日午前

昨日は1限から帰ってすぐ寝てしまって、
今日の朝7時くらいに起きた。

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2003

12月7日

今日は夜7時まで寝ていた。
これから卒論やるつもり。

| Comments (0) | TrackBack (0)

12月6日

卒論考えに図書館に行ったけどずっと寝てた。
ATOK16買った。
ガリアーノのディオールはすばらしい!
http://www.dior.com
→women→live

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2003

20031104_1003_0000_r1.jpg

| Comments (0) | TrackBack (0)

LV

ルイヴィトンの新しいモノグラムを作りました。
製品はこんな感じで。
http://homepage2.nifty.com/hoppoh/lvb.gif

| Comments (0) | TrackBack (0)

なにもなし。

なにもなし。

| Comments (0) | TrackBack (0)

Main | January 2004 »