« 覚え書き2 | Main | 思考倫理 »

January 27, 2005

覚え書き3

2003年7月


【真偽とは】
真偽を判別する方法をいくら開発しても、
その方法自体が拠って立っている部分を立証することができない。
このような方法は、明白な真理から明白でない真理を
導いているにすぎないのであって、
些末で込み入った事柄の真偽を判別する助けとなる道具にすぎないのである。

われわれは非常に基幹となる部分の真偽は集団的合意によって決めている。
たとえばあらゆる全称判断(すべての○○は××である)は
論理的に導くことはできないが、
これはそのように主張してもよいという合意に拠って立っているのである。


【科学的説明とは?】
いったい科学的説明というのは事実以上の何かを言っているのだろうか。
事実と同値なのではなく。
我々は「物が落ちる」ということを説明とは思わないのに、
「質量のある物体同士には引き合う力がはたらく」というのは説明だと考える。
しかしこれらは説明のレベルとしてはどちらも同じではないか?
物が落ちることが不思議なら、物体同士に力がはたらくのも不思議である。
物体同士に力がはたらくのが不思議でないなら、物が落ちるのも不思議ではない。


2004年1月


【親殺し】
抽象絵画は具象絵画という親に反抗して生まれてきたものだが、
親が死んで子の存在意義もなくなってしまった。
たとえば、何も表象しないという真っ白なキャンバスは
何かを表象する絵画を殺すためのものだが、
何かを表象する絵画が死んでしまえばそれはただの白い板に過ぎない。

学問でも似たようなことが起きている。
「枠からはみ出すものがある」「枠におさめることはできない」という主張は、
枠にはめるという学問の本質を親として生まれてきたものだが、
「枠からはみ出すものがある」という意見が学問の主流になってしまったら、
その意見はいったい何に対して言われているのだろうか?


2004年11月


【アウディとプラダ】
ファッションにおけるプラダに相当する自動車はアウディだろう。
両者とも表層ではミニマルを装っているが、
これはシンプル&ナチュラルを表現したミニマルではない。
このミニマルは抑制を表現したものであり、
それはすなわち抑制されるものの存在を暗示するためのものである。
抑制されるものとは、表層の禁欲や静寂とは対極にあるもの、
すなわちプラダの場合は肉体であり、アウディの場合は機械のパワーであり、
そして両者に共通するのは精神的な高揚、情熱である。
つまり、アウディとプラダのミニマルは、内に宿るものの逆説的な表現なのだ。
したがって、彼らのミニマルは
たとえば無印良品のミニマルとは根本的に異なるものである。

« 覚え書き2 | Main | 思考倫理 »

Comments

【科学的説明とは?】のこと
なぜ「物が落ちる」のか→「質量のある物体同士には引き合う力が働く」から
 普通私たちは「前者が『物が落ちる』という事象を単に叙述しているにすぎないのに対し、後者は、『物が落ちる』という事象の背後に働いている物理法則を言い当てている。だからこれは単なる叙述ではなく、説明だ」という風に解釈して、物が落ちることに納得します。
 物理が苦手な僕などは、こういった物理法則というのを、とかく「常人の目には見えない超能力のせめぎ合い」のように感じてしまいがちでした。
 でも実は、この二つの文章は一つの出来事を違う言い方で表現したものにすぎないし、「物が落ちる」という出来事以上にも、それ以下にも、この万有引力の法則を十全に表したものは無いですよね。
 超能力の喩えで言うなら、「千里眼を凝らして見たら、『引力』が地面とリンゴから互いに手を伸ばすところが見えるはずじゃ」というようなことは決して無い、というか。サーモグラフィーの画像からは、肉眼で見るのとは違った情報をたくさん得られるけれど、それも同じものをどういう側面から見るか、どういう情報を取捨選択するかということですよね。
 こんな感想を持ってみました。うまく説明できたかなぁ。
 
 
 

Posted by: やざき | February 04, 2005 01:59 AM

×「物が落ちる」という出来事以上にも、それ以下にも、この万有引力の法則を十全に表したものは無いですよね。
○『物が落ちる」という出来事自体の他に、この万有引力の法則を、それ以上にもそれ以下にも、十全に表した物は無いですよね。
あわわ。

Posted by: やざき | February 04, 2005 02:05 AM

>「千里眼を凝らして見たら、『引力』が地面とリンゴから
>互いに手を伸ばすところが見えるはずじゃ」というようなことは決して無い
そうそう。そういうこと。
科学的説明と日常的な叙述の違いは
現象を言葉にするときの作法の違いであって、
その言葉が表象してるものの違いではない。
「引力」っていうのもリンゴが地面に落ちることを
そういうふうに言うっていう表現の問題であって、
なにかその言葉に対応する実体(有形無形を問わず)があるわけではない。

科学的説明というのは決まったやり方に従ってパラフレーズをしてるのであって、
なにか背後に隠されている本質のようなものの
解明をしてるのではないということです。

Posted by: こいぬま | February 05, 2005 10:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 覚え書き3:

« 覚え書き2 | Main | 思考倫理 »