« 真理について | Main | 芸術鑑賞の2つの方法 »

February 14, 2005

礼儀

他人に礼儀正しくあることを強要したり、
礼儀正しくない人に腹を立てたりするような人は、
礼儀というものを外的抑圧のようなものと考えているのだろう。

彼らにとって礼儀正しくない人というのは、
彼らに課されている抑圧を免れている人なのであり、
彼らはその不当さに腹を立てているのである。

つまり彼らには他者に対して礼儀正しく振る舞う自発的な理由はないのであり、
彼らにとって礼儀というのは自由な行動を制限する障害であるにすぎない。
したがってもし礼儀というものを他者に対する敬意や好意の表現と考えるなら、
彼らは他者に敬意も好意も持っていないのである。

« 真理について | Main | 芸術鑑賞の2つの方法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 礼儀:

« 真理について | Main | 芸術鑑賞の2つの方法 »